医者と薬を飲む男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

New Posts

必要分だけ服用

薬と水

薬は完璧な万能薬というわけではありません。副作用という好ましくない反応を返してくることもあります。その場合、ただちに服薬を止め、医師に相談することが大切になってきます。

Read More

説明方法が重要な鍵

病院内のイス

うつ病患者は近年増加しており、身体と精神に様々な症状が現れてきます。うつ病治療は服薬治療を行うことが一般的ですが、量や摂取する時間を守らなければ命に関わるほど大変危険です。

Read More

進行が緩やかな病気

医者

パーキンソン病という病気がありますが、脳からの運動に関する伝達が正常に行われず身体の片側のみ動きが困難になるという症状が現れます。服薬治療により、症状を大きく改善することができます。

Read More

前向きな治療のため

白い薬

服薬アドヒアランスという言葉が聞かれるようになっていますが、服薬治療に関する方針を決める話し合いに患者自身も参加させる取り組みのことを指しています。より良い信頼関係を築くことで、治療の効果も良好だというケースが多いです。

Read More

服薬の新しいカタチ

医療現場で服薬支援ロボットを活用することで高齢者や介護が必要な方のサポートをしてくれます。大変便利な製品ですよ。

近年、服薬治療を中心に行われる病気も多くなっています。服薬によって術後経過を安定させることもありますし、心の病でもあるうつ病も服薬治療をメインに治療がなされています。また、パーキンソン病などは服薬治療が最も有効な治療だとされており、多くの医療機関で代表的な治療方法として使われているのです。服薬治療は医師と患者の間に信頼関係を構築することで効果を発揮することができます。薬には副作用の強い拒絶反応が出てしまうものもあるため、服薬し続けることは困難を極めます。信頼していない医師から処方された薬ならば、医師への不信感を更に助長させる結果に繋がってしまうこともあるでしょう。信頼関係を築くことで、ツラい服薬治療も一緒に乗り越えていけるという安心感を感じることができます。最近では服薬アドヒアランスを実践している病院も多くなっています。今までは、患者の意思とは関係無いところで使用薬を決定していることが多く、医療機関の一辺倒な考えに不快感を示す患者も少なくありませんでした。しかし、患者も一緒に治療の進め方を決めることができるため、医師との信頼関係を築きやすい新しい関係性を作ることが可能となっています。

服薬治療を安全に行うことができるように、医療機関は様々なアイデアを日々考えています。お薬手帳もその一つと言えますし、服薬の関する薬剤師の指導も大切なものなのです。服薬治療がメインとなる病気が多いからこそ、医師の目が届かない通院患者には徹底して服薬に関する説明を行う必要があります。飲み忘れや飲み間違いを起こすリスクも付きまとうことになります。入院している場合と違い、薬の管理は自分で行うことになるからです。また、介護を必要としている人にとっては、介護を行ってくれる家族や介護士が知識を有していることが命を繋ぐために重要なのです。薬の管理不足から引き起こされる事故を減らすため、薬の管理を行うロボットなども開発されています。医療機関や介護現場だけではなく、個人の薬の管理までを自宅で行うことができるよう工夫されています。こうした取り組みが広がることで、安心・安全に服薬治療を続けていくことができるのです。

Pick Up

お薬手帳の意義

手の平に薬

お薬手帳には、自分の服用している薬がどのようなものなのかを記録することができます。情報を共有することが簡単にできるため、服薬の際の副作用や飲み合わせなどのリスクを軽減することに繋がります。

Read More